丹後ウルトラレポのようなもの オッサンでも泣くことがあるで 

もす!

パラリンピックの女子マラソン

結果は知ってるケド

レースの映像がみたいな、どっかで見れるんかな?


そんなハマーです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
碇高原管理事務所を何のプランもなくスタート

そういえば、碇高原のエイドで 「脚痛いやったら今のうちに薬飲んどきや!!」
て言うてる人等がおった、ロキソニンの事やろな
ハマーの中ではロキソニンの服用は全く考えてないのだ、薬で痛みごまかして限界超えたらヤバくない?
それこそ、途中で脚ちぎれるかもしれんよ?
限界超えて、故障して挙句の果てに仕事にまで支障をきたす・・・それが一番怖い
準備してなかったから飲まんかったケド、あの状況で手渡されてたら
迷う事無く飲んでたね( ̄ー ̄) だってメッチャ脚痛かってんもん

まぁそれぐらいのポリシー

14749828120.png


大雨の中一生懸命下る、太ももの付け根が悲鳴を上げてる
でもここがんばらな、下まで行ったらきっと走られへんと思い頑張る
この下りキロ6:30位で頑張った
でも代償は大きかった、脚ガクガクになった上に腰まで痛くなってきた


あまりにも脚痛いんで、わざと思いっきり左端走って、雨で濡れてる雑草に左膝当てて冷やしたりわざと水たまり入って足裏冷やしたりしてた
これもアカンかったみたい、足裏がふやけて弱くなったんか?足裏と踵付近に水膨れができる
もうどこが痛いかわからん、痛みのメリーゴーランドや~とはその時は全く思ってないケド、立ち止まる回数も増えてきた

もうアカンてやさぐれてると、ユキさん登場、ユキさんは今年の飛騨高山100キロ完走してはるウルトラランナーだ
「もう。あきません」言うてると、ダンディに熱く励ましてくれはった
よーしと思うも全く着いて行けず、ドンドン離されていく、、、俺も来年はそう思いました



****

もう丹後松島過ぎる頃には(当日は何処が丹後松島かはわかってませんでした)
追い抜いて行くランナー達の邪魔にならんように左端を歩いたり、走ったりする

時折り応援してくれる人達に励まして貰いながら、必死に前へ前へ

んっ?ぐわぁTが近づいて来る、いしきちさんだ。しんどそう、一声掛けて前に進む


もうこの頃になると、キロ10分になり、11分になり、最後はキロ12分台だ(@_@)



14749827940.png


給水まで後1キロの看板で丹後庁舎の第4関門まで後4分
キロ4分を切って走ったら間に合う算段だ、、、計算通り(^^♪なわけなく
トボトボ進む

いつの間にか係りの人の掛け声が 「ここまでよう頑張った!!お疲れさん」 に代わり
丹後庁舎に近付いて行くと増えていく沿道の応援の人達も 「お疲れさん、よう頑張った」の声

ハマーは何処にそんな元気あるねんて感じで愛想よく手を振りながら、閑散とした丹後庁舎へ入って行った
誘導されるまま、テントに行って胸のゼッケンを外す
やっと終わった安堵感と周りの優しい言葉でニコニコ顔




フッと横を見ると、女性ランナーが同じように座ってゼッケン外してる


目には一杯の涙

どっか痛めたんかな?脚痛い行かな?




そんなわけない、そんな理由で泣くはずがない




悔しいねんや・・・



この女性ランナーも目一杯がんばったやな




胸が熱くなった




ヘラヘラしてた、わしは?



頑張った、うん頑張った



胸が熱くなる



我慢する必要はない、一筋だけ涙流しました





2016 歴史街道丹後   100キロマラソン






丹後庁舎 84.9キロで終わりです。


この後はバスに揺られてゴールするはずやったアミティ丹後に帰って行きました


まだ終わらんで~続きます


ほな

↓↓ブログ村ランキングに参加してます

なんか書いてるうちに泣けてきた、、はよ来年ならんかな~早くリベンジしたい!!


応援クリックお願いします♪



にほんブログ村
スポンサーサイト

丹後ウルトラれぽのようなもの 60キロから登りって・・・

もす!

昨日久し振り6キロ程走った

やっぱ脚痛い( ノД`)シクシク…


そんなハマーです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ようやくたどり着いた碇高原へ向かう道、最初は細い道を進んで行く
しかも走らなアカン感じの斜度

だんだん走るのは厳しくなって歩き出しました、走った距離多分数百メートル
まぁ予定通り、、、でもこの時疲れてたし碇高原管理事務所 第3関門の事なんか全く考えずにただただ歩いてました
気持ちはパワーウォーク(^^)/実際は歩くのん遅いハマーは抜かれまくり
別に抜かれても問題ないねんけど、「わし、あかんなぁ」てちょっとへこんでしまいます。


14747519440.png


どれぐらい登ったかは覚えてないケド、途中ゴールデンプランのいしきちさん、が追いついてこられました、何とか着いて行こうとしますがグングン引き離されます。
直後にブログ村応援隊の車2台!!わぁ~わぁ~言うてもらって、元気注入して貰いました


この碇高原に続く長い長い上り坂でも、やっぱり走ってるランナー、パワーウォークしてるランナーが沢山いてました。
尊敬て言うか、呆れかえります。なんではしれんねん?て
中でも凄いなぁ~思うたんが
ハマーの歩くスピードよりチョットだけ早く走る女性ランナーが居ました、決して歩きません
登りでは女性ランナーがドンドン離れて行き、下りと緩やかな傾斜ではハマーが先行します(←ここ注目わしたまに走ってたんやで)
そのランナーはジッと数メートル先の地面を見ながら、決してペースを乱さず進んで行きました。
段々登り一辺倒になり、女性ランナーの背中さえ見えなくなりました。
ウルトラランナー凄げ~~


14746707640.png


ノープランのハマーは関門がある碇高原管理事務所のちゃんとした距離と関門時間がザックとしか分かりませんでしたが、
1人のランナーを追っかけ応援?フォロー?してる人がそのランナーに詳しく今の状況を逐一報告していたので、同じ所らへんにいるハマーも状況を把握出来ました。


脚の痛みもかなりのもの、左膝と右足の裏が異常に痛い
故障するんちゃうん?
関西ブログ村が誇る故障三銃士を思い浮かべます。
故障はしたないなぁ~思いながら頑張って登って行きます。

雨も激しく降ってます。後どれ位かもよくわから?距離表示が2.5キロづつなんで、何か疲れるし
そんな時さっきの追っかけ応援ランナーが
「あと2キロ登りきついけど、頑張ったら後は下りやから」
みたいな事いうてます。
間接的にハマーも応援して貰ってる気分になり頑張ろう思うて頑張りました
有難う御座いました♪



何とか碇高原管理事務所に着くと、ユキさん、いしきちさん、らぴさんが居てはりました。
頭ボーとしてたんで、あまり何をしゃべったのか思いだせません(@_@)

考えてた事は、ここにたどり着くまではこの脚の痛みで後30キロ近く絶対無理やと思うてました、ここでDNFやなて・・・
しかし、水分補給とチョコだけ食べて、直ぐに出発してしましいました。


何でやねやろ?

どこからか聞こえた

「次の関門は一番ゆるいから!下り基調やし、第4関門越えたらよっぽどの事ない限りゴールできるから!」

と誰かが誰かを励ます声

ハマーに言うてるんじゃないのに、勘違いして

小さく頑張ろうと思うてしましました

でも、ハマーにとっては全くゆるい関門ではなく、よっぽどの事が起きてしまう事になります。


続きますよ(*^^)v



ほな


↓↓ブログ村ランキングに参加してます

読みにくいかもしれんブログやけど、次ゴール!!じゃない関門にかかってレースレポは終わるつもりですよ
おひまならみてねぇ~


応援クリックお願いします♪



にほんブログ村

丹後ウルトラレポのようなもの 幸せの黄色いぐわぁT

もす!

そろそろ、ソロソロと走らねば

走れるか、走られんか、走ってみやんとわからんし

お市マラソンも迫ってるしなぁ~


そんなハマーです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

七竜峠の復路にやっとこさ到着、よっしゃ!大手を振って歩ける♪
しかし、七竜峠も碇高原もそうやけども坂道を走ってる老若男女のウルトラランナーが結構いてはるのが凄い!
ウルトラ1年生のハマーには考えられへん
現状走られへんかったし、この先の道のりの事考えたらもっと走られへん、要するに走られへんねんて事やな

七竜峠展望台のエイドで相変わらずの水、バーム、水を補給
はちみつやさんのジェルも食べた、84.9キロの中で炎熱サプリ以外で持って行った補給食摂ったのはこのジェルだけやった

往路では真っ暗やった峠を駆け下りて海岸線へ海岸線て言うても崖の上、見晴らしは最高やった
景色はええけど、次のお楽しみ tenkoさんの応援横断幕がある浅茂川漁港エイドまで結構遠い




14747896010.png


どこやどこや思うて走ってると

見ええた!!tencoさんの応援横断幕!!そうか!この位置て分かりやすいい所やぁ
周りの人等に「わしの名前載ってますねん」て自慢したかったが、グッと抑えてしばし鑑賞してエイドに向かいました
有難う御座いました♪
水分補給してると、ぐわぁTの男女が、ちょーみんさんと奥さんでした♪
うどん食べてる所写真撮って貰い、元気貰って再出発!!

エイド出てからは街中を走ります。結構車が通るから危ない
その危ないていうのは、ランナーもそうやけど、ドライバーも多分怖いと思う
せやのに、普通に狭い路肩を2列で走る人がいてるねんなぁ、
これは、走ってる間ずっと気になってた、だからハマーはレフトキープで淡々と走ったのだ


三本松交差点エイドで補給、このエイドの手前かな?結構な登りを走って行くランナーが見えてたんやけど、エイドの手前なんか、後なんかよく覚えてないけど、げんなりした記憶はあるのだ



14747519630.png


どこやどこやと目的の場所を探してると

あった♡幸せのぐわぁT メニューも書いてある♪

THさんちょーみんさんと奥さん、JTさん、チアのかおりん、サプライズのえむさん、そして秘密兵器さん

有難う御座いました!!

素晴らしい今大会No1no私設エイドでした♪牛丼2杯頂きパワー充填!!

そしてまさかのらぴさんがこんなところに!!らぴさんの走力やったらもっと先に行ってるはずですが、しんどそう
後でブログ読んで見ると、厳しい戦いやったみたいです、ガンバです!!

第2関門の弥栄庁舎に着いて水分補給、流石にバラ寿司とかは腹一杯で無理やったんで、チョコだけ補給

50m程歩いてドロップバックに預けてたyurenikuiを装着して、これからの碇高原の登りに備えます
ここでスタートして最初のエイドのトイレから久し振りのトイレタイム(小)並ぶことも無くスムーズでした

さぁさぁ~ここからがいよいよ碇高原、勿論戦略的歩きだ!!歩くぞ~~

さぁさぁ~さぁさぁ~さぁさぁ~長い!!気持ちは碇高原の歩きやのに中々たどり着かん
しゃーなしに歩きとランのハイブリッドでチョットづつ進んで行く


60キロと100キロの分岐点にたどり着いて、ホンマにいよいよ頑張り所!!頑張るで~


続きます


ほな

↓↓ブログ村ランキングに参加してます

ここから登りが15キロ程づつくらしいですが、ウルトラランナー達の底力を見て驚きました、
「わしウルトラまだはやかったかな?」とも思いました


応援クリックお願いします♪



にほんブログ村

丹後ウルトラレポのようなもの もうアカンでか過ぎるぜ久美浜湾

もす!

マジな話し

自分がどこをどう走ったか、あまり覚えてない

必殺の書きながら思いだすんで、内容がフラフラしても

気にしやんと、読んでみて下さい

そこには復活がありますwww


そんなハマーです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スタートして街中を少し走り浅茂川漁港を過ぎたあたりから七竜峠展望台に向かう上り坂に向かいます


14747520360.png


暗闇の中を集団で走るのは、非現実的で幻想的でした
綺麗に刻んでいく靴の音と時折乱れる息遣いが聞こえてきます


ハマーの中の便の番人の声も聞こえてきます
「もう限界です、ウン〇さんお通ししても宜しいでしょか」
「もうちょっとでエイドや我慢しろ」
凄まじい攻防が続きます

もうホンマのホンマに限界でどっか脇道ないかな?て探してる頃に
第一エイドの灯り
トイレも並ぶ事無く、ウン〇さんに旅立って貰いました
「ひゃっほ~い」
それが素直な感想です。

登ったり下ったりしながらどんどんと進みます、七竜峠展望台の手前やったか、過ぎた辺りなんかは忘れましたが
雲の間からはお月さんも見えて、しんどさも和らぎました




****

七竜峠から降りて来て久美浜湾をぐるっと周ります、これが長い!!
当初考えてた、七竜峠復路の登りまでは歩かんぞ!のプランが早々と壊れます(゚д゚)

14747895590.png

峠から降りて来て直ぐにまちゃさんが追いついてきはりました、軽快な足取り
一言二言交わしてズンズン前に進んで行かれます。ええペースやなぁ~もうゴールまであうことないなぁ~
と思うてると、ウォーターボトルをポーチから出す時かしまう時かは忘れましたが、コロコロと落とされました
偶然ハマーの目の前に転がって来たので拾いました

これが後に伝説になる 「ちーむはまちゃ」 の・・・・・・可能性は0ではないだろう


暫らく進むとまちゃさんが左側の歩道に寄って行きます
どないしたんやろか?と思うてたら
tennkoさんが居てはりました(^^♪
「ハマーです♪」と挨拶して握手して貰いました
復路では応援幟をバックに写真もとって貰いました、有難う御座います\(^o^)/



14747520190.png



もうすっかりと明るくなって暑くなってきたのか、異常にな汗をかいてました
エイドでは必ず水飲んで、バーム飲んでもう一回水飲むを最後まで繰り返ししてました
後はチョコとバナナを摂取
くみはまSANKAIKANでは梨、海山園ではどうみてもうどんのそうめん
どちらも美味しかった


たんたんと頑張って走ります。
もうすぐ60キロのスタート地点、久美浜浜公園の近くを通ります
朝3時過ぎに「がんばろな」とお互い目一杯頑張ろうと誓って別れたマッキーが応援してくれるはず

居てませんでした、、、ていうか時間が早過ぎたのか閑散としてました
街中なんで地元の人の応援を受けて頑張って行きます


何処かはハッキリとはしませんが(多分写真の久美浜カントリークラブのカのあたり)、町の中を外れて山って言うほどの坂でとうとう歩きが入ってしまいました
まだ3分の1も行ってない距離でも気持ちはまだまだ折れてませんでした♪

必死で耐えてるとやまけんさんが追いつてこられました、
練習不足みたいでしたがしっかりと走ってはるし、走力がハマーと違う
確か「笑顔で、、、」と声掛けて貰ったような気がしました

ちょーみんさんと奥さんから車から応援貰いました!
「ハマー一番しんどそうやで~」の応援
確かにしんどかったです。有難う御座いました♪




スタートして久美浜湾ぐるりと周るまで、まさかこんなにしんどくなるとは思いませんでした
自分比やけど序盤のハイペース?色んなブログで見た蒸し暑さにやられたのか

でもまだまだ頑張る気は満点でしたよ♪歩き入ってるけどね



ほな

↓↓ブログ村ランキングに参加してます

長い、何となく書いてたら長くなってもうた、こんな感じで進みますが良かったらお付き合いくださいね


応援クリックお願いします♪



にほんブログ村

丹後ウルトラレポのようなもの 当日スタートまで

もす!

金曜日まだまだ、ハマー走らず

マッキーちゃんは軽く6キロ程走ったらしい、、、しかもラスト1キロは4分台やて

負けるわ、、、て言うか負けてる?


そんなハマーです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて当日2時に起床
前日に 「スーパーNISIZAKI] で買っておいたアンコときな粉のおはぎを1つづとクリームパンを食べた。スタート前にはバナナも食べるつもり、これでエネルギーはバッチリやろ♪


雨は上がってたんで軽く散歩した、これも丹後対策の1つなのだ
大体ハマーは早朝練習の時等は走り始めて1~3キロでお腹痛くてトイレに行く、だからお腹痛いのを強制的に起こすために散歩してみた、お腹痛くなってトイレ行ったケドも散歩レベルのもんしかでんかった。


車に戻って着替えたりしてると、マッキーが
「やっぱ眠たいから寝とく」との事
昨晩は色々シュミレーションして、100キロのスタート見送って60キロのスタート地点に向かうまでのプランは出来ていたはずやけど、眠さには勝てんかったみたい・・・大物でしょ?


A駐車場からバスでスタート会場へ

暗いなか「歴史街道 丹後ウルトラ100キロ」 の文字を見るとテンションアップ!!
でも相変わらず緊張はしやへんかった


荷物預け場所の網野体育センターでブログ村のぐわぁTの仲間と合流

去年、日本ブログ村のマラソンカテゴリーて言うのんを知って、色々な人のブログ読んで
丹後ウルトラにぎょうさん出はんねんやと思い、誰も面識ないのに1人で応援に来て
「ぐわぁT頑張れ~」
と応援してたのに、まさか1年後に自分がぐわぁT着て丹後ウルトラ走るとは思いもせんかった(°Д°)


スタート30分前位に並びに行く、ハマーは直接列に並びに行ったんんで結構前だ
丁度昨日受け付けたした後に、お茶と和菓子頂いたらへんかな?
ほんで、お腹痛くなってきた今からトイレ行ってもスタート間に合わんから第一エイドでトイレ行く事を決意して踏ん張ったら出るんで、やんわりと頑張って走る事を決意


いよいよカウントダウンが始まってスタート

スタート直後左に曲がったんでビックリした、てっきりA駐車場の方へ行くもんやと思うてた
なんも知らんにも程があるね

暗い街の中走ってると早朝やのに応援してくれる人が沢山
ありがとうございます!



そんなこんなで、いよいよ始まりました初めての100キロ挑戦
出よう出ようとするウン〇ちゃんを必死にこらえながら、七竜峠に向かって行きました


続きます


ほな

↓↓ブログ村ランキングに参加してます

暗闇の中の七竜峠、幻想的で良かったアレも見えたしね(^^♪


応援クリックお願いします♪



にほんブログ村